髪のお悩み改善知識

HOME» 髪のお悩み改善知識 »髪質改善 まとめ記事

髪のお悩み改善知識

髪質改善 まとめ記事

こんにちはこんばんはおはようございます

HAPSの廣瀬です

 

3つの髪質改善があります。

 

縮毛矯正による髪質改善

→クセ毛に特化

酸熱トリートメントによる髪質改善

→髪のまとまり、質感に特化

システムトリートメントによる髪質改善

→コスパ特化型(笑)


髪質改善縮毛矯正


くせ毛などで髪の毛がとっても扱いづらい、、。
そんな時、縮毛矯正をするととっても毎日のケアが楽になります
素の髪質が大きく変わるわけではありませんが、悩みを一気に解決できます
ですが、みなさんご存じの通り縮毛矯正は髪の毛への負担が大きい施術です。
定期的に行いたいという方は出来るだけ根元の
伸びてきた部分だけ縮毛するようにしていくのが良いかと
また、従来の縮毛矯正とは違う酸性縮毛矯正という物もございますが
パーマ類は頻度が早いと髪の毛を余計に痛めてしまいますので
担当のスタイリストさんと髪の毛の状態を見ながら話し合って決めましょう!


 

酸熱トリートメント(髪質改善トリートメント)

 

「くせ毛が真っ直ぐストレートな髪質に変わる」

「髪の毛の傷んでぱさついている所が治る」

など、自分の悩んでいた髪の毛が髪質から変わるイメージを持たれている方も多いと思います
ですが、少しイメージが違います
髪の毛は一度傷んでしまうと元通りに復活することはありません
生まれもった髪質を変える事は出来ません
また、何かすればするほど髪の毛には負担がかかります。

一番健康状態の髪の毛とは生えたての何もしていない髪

「酸熱トリートメント」とは?

カラーやパーマで傷んだ髪の毛やくせ毛・エイジング毛などで扱いにくい
髪の毛を綺麗に見せて扱いやすくするのが酸熱トリートメントです。
ですが「酸熱トリートメント」も髪に負担を多少なりとも与えてしまいます。
そのことを理解しながら美容師さんと御相談ください

髪のオシャレを楽しむためにカラーやパーマをする方が大半かと
当然、髪の毛には負担がかかり痛んでしまいます。
そんな髪の毛を綺麗に見せるのがトリートメント
トリートメントをすることで髪の毛の弱くなっている部分をカバーし
髪質が改善されたような質感になります。
ですが、ここで忘れないでいただきたいのが
いくらトリートメントといえども髪の毛に負担はかかっている事!
もうすでに傷んで扱いづらい時にやるのは効果的ですが
あまり痛んでない時から積極的にトリートメントをするのは止めておきましょう!



髪質改善システムトリートメント

一般的なトリートメントは、修復・補修といったワードが多く使われますが
実は外側からコーティングをします。
そうする事によって、髪の毛の弾力が戻った❢❢❢という事を感じるわけです
髪の毛というのはあくまで死んでいる細胞です。
自分の力で治っていくことはありません。
トリートメントで髪の毛にに類似的な栄養を入れているので
そちらが身代りとなって保護はしてくれます
トリートメント成分が身代りとなって流出→元の状態に戻っていく。
というサイクルの出来上がり
つまり次回の御来店までの保険です
 

では、簡単な表を作りましたので参考に

 

 

ダメージ

持続性

再現性

癖を伸ばす力

コスパ

縮毛矯正

✖~〇

△~〇

酸熱
トリートメント

△~〇

△~

システム
トリートメント

〇~




タイプ別のオススメ改善方法

 

 

直毛

波状毛

捻転毛

連珠毛

縮毛

縮毛矯正

△~〇

酸熱
トリートメント

△~✖

△~〇

△~〇

システム
トリートメント



この図のように髪質に合った改善方法が一番かと思います。

また、カラー等をしている髪とそうでない髪では

異なる反応が予想されますので担当の美容師さんと

御相談後に施術が望ましいですので。


改善後のヘアケア特徴

主に髪質改善後に変化する部分はシャンプーの見直しかと思います

また、酸熱トリートメントによる髪質改善ですと酸性メニューになるため

ドラッグストア等の中性~アルカリ性のシャンプーは相性が✖

その為、アミノ酸系シャンプー【弱酸性シャンプー】が基本的にはオススメです。

楽天・Amazonでも多くの弱酸性シャンプーはございますので

お気軽に御相談くださいませ。

シャンプーを変えるだけでも酸熱トリートメントの効果は

二倍ほど持ちが変わると予想されますので

是非




最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回の更新はシャンプー選びに必要な知識❢❢❢
 
2020/01/10